WordPress テーマ CocoonにAdSense 自動広告をマニュアルで設置する方法

WordPress テーマ CocoonにAdSense 自動広告をマニュアルで設置する方法 AdSense

AdSense 自動広告のコードは、ページの<head>タグ内に一箇所設置することで自動広告の機能を利用することができます。Cocoonでは、[広告]の設定の「アドセンス設定」内の広告コード欄にレスポンシブ広告コードが入力されていると、そのコードを元にAdSense 自動広告のコードを自動的に作成して、<head>タグ内に設置する機能を備えています。

本記事では、Cocoonの機能を使用せずにマニュアルでAdSense自動広告のコードを設置する方法を紹介します。

はじめに – 設定概要・注意事項

Cocoonには、子テーマに自動広告のマニュアル設置にも使うことのできるユーザー編集用のテンプレートファイルが予め用意されています。子テーマのテンプレートファイルの設定は、親テーマを更新しても引き継がれるため、保守性に優れています。

子テーマで上書きカスタマイズ利用できるテンプレートの場所
CocoonテーマのHTMLを変更したかったり、PHP処理を書き加えたかったり、テンプレートファイルを編集する際の基本情報です。

本記事では、Cocoonの子テーマを編集して、AdSense 自動広告コードを設置する方法を紹介します。

コードの設置についての注意事項

自動広告コードは、通常の広告コードのように、表示する位置に設置するのではなく、ページの<head>タグ内に1箇所のみ設置するものです。

自動広告は、「スポンサーリンク」、「広告」と言うラベルは付けることができません。ラベルは付けなくてもポリシー違反ではありません。

AdSense 自動広告:良くある質問と知っておいた方が良いこと - ブロギングライフ
AdSense 自動広告は、サイトのページに広告を自動で挿入して表示する機能です。AdSense 自動広告について良くある質問と知っておいた方が良いことについて紹介します。 AdSense 自動広告良くある質問 自動広告が表示されません。なぜですか? 自動広告が表示されない理由は、様々です。例としては、以下の様なものが...
Cocoonの広告アドセンス設定で、レスポンシブ広告を入力して、アドセンス表示方式を、「アドセンス自動広告のみ利用」、または、「自動広告とマニュアル広告を併用」を選択している場合は、Cocoonの機能で自動的に、AMPの自動広告コードの設置も行われます。Cocoonで設定している場合は、マニュアルでの自動広告コードの設置は必要ありません。

AdSense 自動広告コードの取得

AdSenseの管理画面のメニュー[広告の設定]から「自動広告」を選択します。自動広告の設定ページ右上に表示されている「自動広告を設定」をクリックします。

自動広告を設定をクリックします

自動広告のコードが含まれた小ウィンドウが表示されます。ウィンドウの下側にある「コードスニペットをコピー」をクリックして、広告コードをコピーします。

自動広告のコードをコピーします

Cocoonに自動広告のコードを設置

WordPressのダッシュボードのメニュー[外観]からテーマの編集をクリックします。表示されるテーマの編集ページの右側に子テーマのテンプレートファイルリストの中から”head-insert.php”をクリックすると、テンプレートファイルのソースコードが表示されます。

AdSense 自動広告のコードを子テーマのヘッダー挿入テンプレートに追加します。

「ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入」の下に<head>タグ内に設置するコードを貼り付けます。

以下がコードの設置例です。

<?php
//ヘッダー部分にタグを挿入したいときは、このテンプレートに挿入(ヘッダーに挿入する解析タグなど)
//子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。
//例:<script>解析コード</script>
?>
<?php if (!is_user_administrator()) :
//管理者以外カウントしたくない場合は
//↓ここに挿入?>
<?php endif; ?>
<?php //ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入 ?>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-1234567890123456",
enable_page_level_ads: true
});
</script>
コードは運営者IDが含まれているので、以下のコードをそのままコピーして貼り付けるのではなく、AdSenseの管理画面から取得して貼り付けてください。
WordPress管理者ログインした状態では、自動広告を表示したくない場合は、一つ上の欄にコードを追加します。

設定内容を確認した後、画面左下の青い[ファイルを保存(更新)]ボタンを押して、テンプレートファイルを保存します。

以上で自動広告のコードの配置作業は完了です。

AdSense 自動広告について詳しくは、以下の記事をご覧下さい。

AdSense 自動広告詳細ガイド:特徴、設定方法、収益効果 - ブロギングライフ
AdSense 自動広告は、ページ単位の広告の機能からサポートする広告フォーマットの拡充と大幅な機能拡張が行って、高度な機械学習を活用した自動広告表示機能です。自動広告は、テキスト・ディスプレイ広告、インフィード広告、記事内広告、関連コンテンツ等のネイティブ広告フォーマットを含む主要な広告フォーマットを全てサポートして...

コメント

タイトルとURLをコピーしました