ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

  • eyecatch
    Gravatar Hovercardsの特徴と利用表示例
    アバター機能としてWordPressに標準で装備されるGravatarには、Hovercards(ポップアップカード)と呼ばれる拡張機能を備えています。Hovercardsは、Gravatarのプロフィール画像(アバター...
  • eyecatch
    WordPressでファビコンやアイコンを設定する方法
    ブラウザのタブやブックマーク、アドレスバー等にサイト名、ページタイトルの前に表示される小さな画像をファビコン、またはサイトアイコンと呼びます。ファビコンは、サイトのブランド認知を高めたりする効果もあります。ほぼ全ての著名...
  • eyecatch
    ウィジェットの表示、非表示を制御するプラグイン Widget Logic...
    WordPressのサイトでAdSense等の広告を設置する方法は、テキスト・ウィジェットを使用するかプラグインを使用する方法が最も一般的です。特にサイドバーに広告を配置する場合は、ウィジェットを使用することが多いです。...
  • eyecatch
    Googleの最新スパム防止認証システムInvisible reCAPT...
    Googleは、2016年12月に第3世代のスパム防止認証システムInvisible reCAPTCHAを近々リリースするとの発表を行いました。現在、ベータ版の使用が可能になっています。 追記:2017年3月末にベータ版...
  • eyecatch
    WordPress フッターメニューの作成と追加
    WordPressは、ヘッダー(ページの冒頭部)とフッター(ページの終わり部)など多彩なメニューを配置できる機能を備えています。メニューの構造(項目の構成)を複数作成して、その内の二つを選んでヘッダーとフッターに配置する...
  • eyecatch
    WordPress サイトのhttpからhttpsへの詳細移行ガイド
    2017年初めに、本サイト全体を常時SSL化、完全HTTPS化しました。幸いなことに大きな問題も発生せず、無事に移行を行うことができました。以前は、SSL化は証明書の取得にもコストがかかり、作業も大変だったようですが、現...

HOME

ブログ運営関連カテゴリー記事

More

投稿記事一覧(新着順)

CDNはランキングに悪影響を与えたり、SEOに有害なのか?

CDNはランキングに悪影響を与えたり、SEOに有害なのか?

2018年2月初めのEnglish Google Webmaster Central office-hours hangoutは、Google マウンテンビューで行われ、サンフランシスコ近辺のSEO関連の業務に就く人たちが参加しました。CloudflareでコンテントとSEO部門の責任者、Mathew Williams...
スパムやアダルトサイトとIPアドレスが一緒だと検索順位に悪影響を受ける?

スパムやアダルトサイトとIPアドレスが一緒だと検索順位に悪影響を受ける?

多くのサイトは、共有サーバーを利用しています。スパムやアダルトサイト、同じ様なコンテントを持つ競合サイトと偶然同じサーバーを共有することになって、IPアドレスが同じになった場合、検索ランキングにおいてどの様な影響があるのかというEnglish Google Webmaster Central office-hours ...
検索ランキングの急落の原因はCloudflare?(ケーススタディ)

検索ランキングの急落の原因はCloudflare?(ケーススタディ)

Cloudflareは、CDN(コンテントデリバリーネットワーク)のリーディングカンパニーです。CloudflareはSEOに悪影響を及ぼしているかもしれないと言う事例の記事が話題となっています。Cloudflare利用によるSEOへの影響のケーススタディ(事例)記事の内容を紹介し、考察を行います。 はじめに:この事例...
機能拡張、新フォーマットなど進化を続ける関連コンテンツ

機能拡張、新フォーマットなど進化を続ける関連コンテンツ

関連コンテンツは、AdSense ネイティブ コンテントレコメンデーション広告です。関連コンテンツユニットは、コンテント推奨ツールとして2015年4月に発表されました。2016年3月からベータ機能として、サイト内の推奨コンテンツに加えて広告表示オプションが追加されました。登場から現在に至るまでに、関連コンテンツは表示形...
独自ドメインのBloggerでHTTPSを有効にする設定方法

独自ドメインのBloggerでHTTPSを有効にする設定方法

Googleが提供するブログプラットフォーム Bloggerは2015年9月からHTTPS化のサポートを開始し、2016年5月にはHTTPからHTTPSへのリダイレクトをデフォルトでサポートしました。しかし、HTTPSのサポートは、Bloggerのホストサーバーのドメイン(blogspot)に限定されており、独自ドメイ...
HTTPS移行時にAdSenseが表示されない理由と対処法

HTTPSに移行後にAdSenseが表示されなくなる理由と対処法

2018年にサイトをHTTPからHTTPSに移行すると、移行後、しばらくAdSense の広告が表示されなくなる場合があります。特に移行直後は、表示されない可能性が高いです。 HTTPSに移行後、AdSenseが表示されなくなる理由 2017年12月後半以降、AdSense 広告クローラーがコンテンツを解析後、広告を配...
WordPress プラグインを使用してAdSense インフィード広告を設置する方法

WordPress プラグインを使用してAdSense インフィード広告を設置する方法

AdSense インフィード広告は、ホームページ、カテゴリー、タグの記事一覧のリスト表示の中に溶け込むように表示されるネイティブ広告です。インフィード広告は、サイトの記事一覧などの表示形式に合うようにカスタマイズして、フィード内に設置します。 2018年1月の後半から、AdSense の広告作成にサイトのフィードの表示...
AdSenseの背景色を消す方法

AdSenseの広告の周りに黄色の背景が表示される理由と対処法

AdSenseの広告の周りの枠内に黄色の背景色が表示されることがあります。このような状態になる理由と黄色の背景色を表示される場合の対処法を紹介します。 AdSense 広告ユニットのバックフィルとは AdSenseは特定の広告サイズの広告枠の競争率を上げるため、類似したサイズのディスプレイ広告を含めてアドオークションを...
2018年 AMP化についての最新動向、メリットとデメリット

2018年 AMP化の最新動向、メリットとデメリット

2018年、AMPをサポートする環境は整ってきています。AMPに対応するWordPress テーマも増えてきました。WordPressは、プラグインでAMP化することもできます。WordPressのサイトであれば、AMP対応することは難しくありません。サイト運営者にとって、AMP化することの壁は低くなっています。一方で...
AdSense 広告配信仕様変更による影響の分析と対策

AdSense 広告配信仕様変更による影響の分析と対策

2017年12月後半以降、サイトのAdsense 収益が大きく下がっている場合は、「ブランド・プロテクション」と呼ばれるAdSense 広告クローラーがページを解析した後に広告を配信する仕様変更による影響を受けている可能性が考えられます。どのような影響を受けているのかを理解し、状況に応じて対策を検討することも必要となる...

関連記事とスポンサーリンク

SEO

More

スポンサーリンク

AdSense

機能拡張、新フォーマットなど進化を続ける関連コンテンツ

機能拡張、新フォーマットなど進化を続ける関連コンテンツ

関連コンテンツは、AdSense ネイティブ コンテントレコメンデーション広告です。関連コンテンツユニットは、コンテント推奨ツールとして2015年4月に発表されました。2016年3月からベータ機能として、サイト内の推奨コンテンツに加えて広告...
More

セキュリティ

More

AMP

More
Return Top
error: Content is protected !!