ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

Header and Footer タグ・アーカイブ - ブロギングライフ

Tagged
自動広告のコードを404ページに挿入設置しない方法

自動広告のコードを404ページに挿入しない設置制御方法

AdSenseのポリシーでは、404エラーページに広告を掲載することを認めていません。404ページには広告が表示されないように設定する必要があります。自動広告のコードを<head>タグ内に設置すると、通常、404ページでもヘッダーに広告コードが含まれています。自動広告のコードが設置されていても、AdSens...
特定のページでAdSense自動広告コードの挿入を無効にする設定方法

特定のページでAdSense自動広告コードの挿入を無効にする設定方法

AdSense 自動広告は、特定のページでは広告を非表示にする設定が可能です。しかし、広告は表示されなくても、通常、自動広告のコードは<head>タグ内に設置されています。自動広告のコードが設置されていることは、基本的には問題ないのですが、AdSenseのポリシー違反となったページやDMCAの著作権侵害と判...
AdSense 自動広告コードの設置にお勧めのWordPress プラグイン

AdSense 自動広告コードの設置にお勧めのWordPress プラグイン

WordPressは、プラグインを利用して機能拡張できるのが特徴です。広告設置管理のプラグインも多く用意されています。ページのヘッダー部にコードを挿入する機能のプラグインも各種あります。AdSense 自動広告コードを設置するプラグインの選択肢も多いです。どれを選んだら良いのか悩まれているサイト運営者の方もいらっしゃる...
Simplicityにタグマネージャでのアナリティクス設置法 記事バナー

SimplicityにGoogle Tag Managerでアナリティクスを設置する方法

Google Tag Managerは、トラフィックの解析を行う各種タグの管理、設置をまとめて行うことができる便利なツールです。Google Tag Managerを利用すると、アナリティクス、AdWords、DoubleClickやサードパーティのタグをマニュアルでページに設置する代わりに、コンテナ(Containe...
Header and Footer プラグイン

プラグインHeader and Footerを使ったAdSense 自動広告のコード設置方法

AdSenseの自動広告の設置方法は、WordPressの場合は様々な方法があります。<head>タグ内へのコード追加機能を備えるテーマもあります。自動広告のコードの設置は、テーマに機能が付属しているのであれば、テーマから設置するのが1つの選択肢です。 テーマに<head>タグ内のコード追加機能...

関連記事とスポンサーリンク

Return Top
error: Content is protected !!