ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

Google WordPress Site Kit プラグインの開発者向け先行公開を発表

Google WordPress Site Kit プラグインの開発者向け先行公開を発表

WordPressの管理画面内で、Googleが提供するサイト運営者向けツール、Search Console, アナリティクス、AdSense、PageSpeed Insightsを利用することができるプラグイン、Site Kitのベータ版(プレビュー)が開発者向けに公開されました。

更新情報:

2019年10月31日、GoogleはSite Kitを正式にリリースしました。Site Kitの設定方法について、以下の記事で紹介しております。

WordPress 管理画面でGoogle のサイト運営ツールが利用可能となるSite Kiteの設定方法

以下、Site Kitの開発者向けに先行公開(プレビュー)発表記事の内容を訳して紹介します。

Site Kitの主要な機能

  • シームレスなSearch Consoleでの認証
  • アナリティクス、AdSense、Tag Manager、Optimizeの設定機能
  • 集客と収益のファンネル(経路)を理解することの手助けとなるSearch Console、アナリティクスとAdSenseをまとめたページごとのレポーティング
  • PageSpeed Insightsによる継続したサイトパフォーマンスの検証とモニター
  • ダッシュボード上に接続されて表示されるプロダクトを通じて得られた情報から洞察することで、指標をより意味のあるものにする

開発者向け先行公開(プレビュー)の目的

今回、上記特徴を全て備えた開発者向けプレビュー版が利用可能となっています。一般公開に先駆けて提供するプレビュー版の目的は、以下の通りです。

  • WordPress開発者がプラグインのテストドライブを許可する。
  • Site Kitの他のプラグインとの互換性をテストする。
  • 実際に利用した上でのフィードバックや推奨事項を集める。

現時点でのプラグインのセットアップフローの実行は、開発者のノウハウとGoogle Cloud PlatformとOAuthの認証プロセスに馴染みがあることが求められます。現状のセットアップの体験は、Googleか計画しているWordPressユーザー向けに提供する最終ユーザーの体験とは異なります。

Site Kitはダウンロードが可能となっています。また、Site Kit プロジェクトのGitHub repositoryを開設しました。

Site Kit プレビュー発表についての考察

今回の発表は、6月20日から22日にベルリンで開催されるWordCamp Europe(WCEU) 2019の前日19日行われました。WCEUは、開発者向けのイベントです。Site Kitはベータ版としてリリースが発表されましたが、実際に利用可能なユーザーはかなり限られていたように思います。

上で紹介しているように、まだ一般ユーザー向けに利用できる前の段階、特にセットアップ(設定)なども開発者でないと馴染みのない手順を踏む必要があるとのことです。今回プレビューと言う名前で、開発者向け先行公開として発表した理由は、まだ一般ユーザー向けに提供できる状態には至っていないためと思われます。

Google Webmaster公式アカウントが投稿したYouTubeビデオ、”The Future of the Web: SEO Mythbusting”の中で、Martin SplittさんがGoogleがSearch Consoleのデータをサードパーティーのプラットフォームに提供するための作業を行っていると述べています。Site Kitに関連する取り組みと思われます。Martinさんの話の内容や考察をサイト運営ニュース エピソード3で取り上げております。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!