ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

特定のページでAdSense自動広告コードの挿入を無効にする設定方法

特定のページでAdSense自動広告コードの挿入を無効にする設定方法

AdSense 自動広告は、特定のページでは広告を非表示にする設定が可能です。しかし、広告は表示されなくても、通常、自動広告のコードは<head>タグ内に設置されています。自動広告のコードが設置されていることは、基本的には問題ないのですが、AdSenseのポリシー違反となったページやDMCAの著作権侵害と判定されたページに自動広告のコードが設置されていると、ポリシー違反となります。

健全なサイト運営を心がけ、サイト内の全てのページでポリシーに準拠するというのがサイト運営の大前提ですが、万が一、ページ単位でのAdSense ポリシー違反となった場合には、本記事で紹介する方法で対処することも1つのオプションです。

AdSenseのポリシー違反となったページを削除した場合は、404ページにAdSenseの自動広告コードが設置されていない状態にしないと、ページを削除後もポリシー違反の警告が届いたり、ポリシーセンターにポリシー違反の表示が継続して表示される可能性があります。404ページにAdSense自動広告コードの挿入を無効にする設定方法は以下の記事をご覧下さい。

自動広告のコードを404ページに挿入しない設置制御方法

自動広告のコードを特定のページで挿入しない方法

自動広告のコードは、ページの<head>タグ内に設置します。WordPressのテンプレートでは、基本的に<head>タグ内のコードは、全ページに適用されます。自動広告のコードを特定のページで挿入しないようにする方法としては、WordPressのPost IDを指定して、function.phpで制御するなどの方法がありますが、ある程度以上の知識と経験がないと設定は難しいです。(初中級者の方には、基本的にお勧めいたしません。)

プラグインを使用すると比較的簡単に自動広告の広告コードの挿入制御を行うことができます。

プラグイン Ad Inserterで特定ページのAdSense 自動広告コード挿入を無効にする設定方法

Ad Inserterを使用した設定方法については、以下の記事をご参照下さい。

Ad Inserterで特定ページのAdSense 自動広告コード挿入を無効にする設定方法

プラグイン Header and Footerを使用してAdSense 自動広告のコード挿入の制御を行う

プラグイン Header and Footerを使用してAdSense 自動広告のコード挿入を行う場合、特定のページでのAdSense 自動広告のコード挿入の無効化を比較的、簡単に設定することができます。

Header and Footerで自動広告のコードを設置する

AdSense 自動広告のコード挿入の制御は、コードを設置する際に条件を設定するPHPの記述を加えることで行います。Header and FooterをインストールしてAdSense 自動広告コードを設置する方法は以下の記事をご参照下さい。

プラグインHeader and Footerを使ったAdSense 自動広告のコード設置方法

注意事項:
Header and Footerをご利用になってAdSense 自動広告コードを設置する場合は、他の方法で設置しているコードを削除する必要があります。ページ上に2つ以上のページ単位の広告が設置されているのは適切ではありません。また、他の方法で設置されたコードがあると、Header and Footerでのコード挿入を無効にしても、他の方法による自動広告コードが設置されたままとなります。作業を行う前に、他の方法で設置した自動広告コードの設置を無効、削除して下さい。

特定のページで自動広告コードの挿入を無効にする設定方法

プラグイン Header and Footerによるコード挿入は、PHPコードを加えて利用することができます。PHPのコードで、コードの挿入の条件を指定することで、特定のページで自動広告コードの挿入を無効にすることが可能です。

非表示を行う固定ページ、投稿のIDを取得する

固定ページや投稿のIDは、その記事の編集画面を表示している時のURLに記載されている番号です。以下の例では、123がIDです。

投稿ID

IDをコピー、メモするなどでして番号を記録しておきます。

PHPで自動広告コード挿入の条件を指定する

WordPressの条件分岐タグを使用して、特定のページを指定して、コード挿入の条件を指定することができます。例えば、特定の固定ページで、広告を非表示する場合は、”!is_page( ‘ID’ )”と入力します。記事ページ(投稿)で広告を非表示する場合は、”!is_single( ‘ID’ )”と入力します。

WordPress条件分岐タグの指定例

記事(投稿)ID17ではコードを挿入しない

!is_single( ’17’ )

複数の記事IDでの挿入を無効に指定する場合:

!is_single( array( 17, 19, 21 ) )

固定ページID 123ではコードを挿入しない

!is_page( ‘123’ )

複数の記事IDで挿入を無効に指定する場合:

!is_page( array( 123, 456, 789 ) )

備考:
IDの代わりにスラグを使用することもできます。WordPress 条件分岐タグの指定の仕方は、Widget Logicと同じです。設定方法について等、詳しくは、以下の記事をご参照下さい。
ウィジェットロジックで特定ページの広告を非表示にする方法

WordPress条件分岐タグは組み合わせて指定することも可能

条件分岐タグは組み合わせて指定することもできます。例えば、記事(投稿)ID17と複数の固定ページでコードの挿入を無効にする場合は以下の記述となります。

!is_single( ’17’ ) && !is_page( array( 123 , 456, 789 ) )

AdSense自動広告コードにPHPの条件指定コードを追加する

AdSense自動広告コードの前後にPHPの条件指定コードを以下の様に追加します。

AdSense自動広告コードの前後にPHP条件指定コードを追加します。

コードの前に追加するコード例:

ID 123, 456, 789の固定ページでは、自動広告コードを挿入しない条件を指定したコード記述。

<? if (!is_page( array( 123, 456, 789 ) )) { ?>

コードの後に追加するコード:

<? } ?>

コードを追加後、Header and Footerの設定画面下の[save]ボタンを押して保存します。

設定作業は以上です。

実際にページを表示し、コードの設置制御の確認を行う

サイトのページをブラウザーで表示して、ページのソースコードを見て、AdSense自動コードが含まれているかいないかの確認を行って下さい。指定したページでは、コードが含まれず、指定されていないページではコードが含まれていれば大丈夫です。

PHPの条件指定は、自動広告コードのみ設定することも可能

Header and Footerの<head>タグ内と<body>タグの下のコード挿入欄の中に、自動広告コードに加えて、他のコードも含まれている場合、PHPの条件指定を自動広告コードのみ設定することができます。

例えば、以下の様にHeader and Footerの、<head>タグ内挿入コード欄にGoogle Tag ManagerとAdSense自動広告コードを入力している場合で、PHPの条件指定をAdSense自動広告コードのみに設定((コードの前後にPHPコードを追加する))ことが可能です。

AdSense自動広告コードのみにPHPの条件指定する例

上の例では、Google Tag Managerのコードは全てのページの<head>タグ内に挿入され、AdSense自動広告コードは、投稿ページIDの1234以外のページの<head>タグ内に挿入されます。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top