ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

サイト内検索をGoogle カスタム検索にアップグレードする方法

サイト内検索をGoogle カスタム検索にアップグレードする方法

サイトを訪問した人の利便性を高めるために、ほとんどのCMSやブログサービスは、サイト内検索の機能を標準で備えています。WordPressでもサイト内検索の機能を備え、ウィジェットで設置できるようになっています。検索ウィジェットは、殆どのWordPressテーマでデフォルトで設置されている基本機能です。

サイトの運営期間が長くなり、記事数が増えるにつれ検索の重要性も高まってきます。Googleは、サイト専用のカスタム検索エンジンを提供しています。本記事では、サイト内検索をGoogle カスタム検索にアップグレードする方法を紹介します。

Google カスタム検索とは

Google Custom Search Engine は、特定のウェッブサイト、ブログ、運営する複数のサイトを検索対象として指定することのできるツール・機能です。Googleの強力な検索エンジンのアルゴリズムを使用しているため、探している情報に該当するページを見つけやすい特徴を備えています。

検索の対象は、特定のディレクトリやサブドメインを指定することが可能です。結果の表示形式なども、ユーザー側で選ぶことができます。

Google カスタム検索の設置の仕方

カスタム検索エンジンの作成

1.  Custom Searchにログインします。

AdSenseをお持ちの場合は、AdSenseのアカウントと同じGoogleアカウントでログインすることをお勧めします。カスタム検索での収益化にご興味がなければ、どのGoogleアカウントでも構いません。

以下の様なページが表示されます。

Google カスタム検索コントロールパネル

Sites to searchの下の入力欄に、検索対象となるサイトのURLを入力します。

入力するURLは、サブドメインやサブディレクトリを指定し、検索対象を絞ることもできます。また、複数のURLを検索対象にすることもできます。

Languageは、日本語のサイトであれば、Japaneseを選択します。

Name of the search engine、名前を入力します。

必要箇所を入力後、青の[CREATE]ボタンを押すと、以下の作成完了画面が表示されます。

カスタム検索エンジン作成完了画面

2. 画面の右に青で表示される[Get code]をクリックします。作成されたカスタム検索エンジンのコードが表示されます。コードをコピーし、サイトに設置します。

カスタム検索エンジンのコードをコピーする

検索ボックスをサイトに設置

WordPress管理画面の左メニューから、[外観]のサブメニュー[ウィジェット]をクリックします。

Wordpress ウィジェット編集画面へ

 

ウィジェット設定画面から、テキストウィジェットをサイドバーに追加し、タイトルを入力し、「内容」の入力欄にカスタム検索エンジンのコードを貼り付けます。

テキストウィジェットにGoogle CSEのコードを貼り付けます。

 

テキストウィジェットの下にある青の[保存]ボタンをクリックします。

以上で基本的な設置作業は完了です。

Google カスタム検索設置の確認

サイトを表示して、サイトバーにカスタム検索ボックスが設置されているか確認を行います。無事にサイトに表示されていました。検索ワードを入力して実際に動作するかの確認を行います。無事に動作していれば、基本的な作業は完了です。

初期設定でのGoogle カスタム検索ボックス

お好みに合わせて、検索ボックスの枠やボタンの色は、自由に変える事ができます。次の項目で説明致します。

検索ボックスの枠とボタンの色を変更する

カスタム検索のアカウントのコントロールパネルに戻ります。コントロールパネル左側のメニューアイテムの中から、”Look and feel”をクリックします。続いて、表示されるパネル上段のタブの中から”Customize”(下の画像で赤枠部)をクリックします。

中央左に表示されているアイテムの中から、”Search button”を選び、検索ボタンの色の設定を行います。枠(Boarder color)とボタン(Background color)それぞれの色を設定できます。色コードを直接入力するか、コード入力欄の左をクリックして表示されるプルダウンメニューのサンプルから色を選びます。

 

カスタム検索ボックスの色設定

ボタンは青色に変更しました。枠の色もボタンと同じにしています。

カスタム検索ボタンの色設定

検索入力欄の枠の色は、”Search box”から設定できます。色の設定方法は、上のやり方と同じです。本サイトでは、検索ワード欄の枠の色はデフォルトのままで、変更しませんでした。

上記、コントロールパネルで設定した色の変更は、コードを張り替えることなく、ダイナミックに変更することができます。

サイトに戻ってページを表示し、検索ボックスのボタンの色が変更されていることを確認します。

青色にボタンを変更したカスタム検索

カスタム検索エンジンは、コントロールパネルで様々な設定を行うことができます。殆どの設定は、コードを貼り直すことなく行うことができるので、とても便利です。

カスタム検索結果にAdSense広告を加えて表示させる

Google カスタム検索は、検索結果の表示にAdSenseの広告を加えて表示させることがオプションで設定できます。

カスタム検索のコントロールパネルの上段に表示されているタブの中から”Make Money”(画面赤枠部)をクリックします。Search Engine Monetization(検索エンジン収益化)の表示と右側にスイッチが表示されます。下の画面では、収益化は無効(OFF)になっています。

カスタム検索収益化設定

検索エンジンの収益化(AdSense広告の表示)をする場合は、スイッチをスライドしてONにします。

カスタム検索収益化有効

以上で、収益化追加設定は完了です。

私のこれまでのサイト運営経験から申し上げると、カスタム検索のAdSense収益は皆無に等しいです。ユーザーは、サイト内の情報を求めて検索を行っているので、広告をクリックする比率は非常に低いと思われます。

ユーザーエクスピリエンスを考慮すると、広告設定はOFFにした方が良いかもしれません。本サイトでは、今回設定後、収益化はOFFにすることにしました。将来、状況に応じて、有効に戻すか検討します。

カスタム検索は、AdSenseのアカウントが無くても作成できます。また、WordPress以外のCMSやブログプラットフォームでHTMLのテキスト編集がサポートされていれば設置可能です。

サイトのページ数、コンテンツが多くなればなるほど、Googleの検索エンジンの優れたパフォーマンスによる恩恵が得られます。ページ数の多いサイトでは、Google カスタム検索は、ユーザーエクスピリエンスとエンゲージメントの向上に寄与する付加価値の高い機能です。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top