ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

サイト内の検索、置換を一括して行うSearch Regexの使い方

サイト内の検索、置換を一括して行うSearch Regexの使い方

Search Regexは、強力な検索と置換機能を備えるWordPress のプラグインです。サイトの移行やアップグレードの作業を行う時、とても役立つ便利なツールです。httpからhttpsへの移行を行う際、Search Regexを利用することで、サイトの移行時のディレクトリ、URLの変更などを一括して行うことができるため、作業工数は大幅に低減することができます。

https://www.blogging-life.com/wpsite-https-migration-guide/

WordPress プラグイン Search Regex

Search Regexは、サイトの移行、引っ越しなどが主な使用用途ですが、機能を利用して、サイト内の文字を検索して、置き換えたりすることもできます。その様なちょっとしたSearch Regexの利用例を紹介します。

サイト内の単語を置換を行う事例

先日、WordPressにセキュリティ脆弱性が発見され、早急に対策済みのバージョン4.7.2にアップグレードする様に推奨する [fa class=”fa-link”]ことについて、本サイトで紹介しました。記事では、WordPressのプレスリリースを訳すなどしました。

WordPressの公式サイトを訪問して、プレスリリースなどを読んでいる時、(いまさらなのですが)Wordpressではなく、Pが大文字のWordPressであることに気が付きました。本サイトでこれまで投稿してきた記事内では、Wordpressとしていました。

名称、ブランド名は、できるだけ正確に記載することが、本サイトの基本方針です。これまで投稿してきた一つ一つの記事を編集して修正するのは手間がかかります。

そこで、Search Regexを使ってみるアイディアが浮かびました。

サイト内の単語を検索、置換するSearch Regexの利用例と手順

Search Regexをインストールしていない場合は、インストールし有効化します。WordPressの管理メニューのツールをクリックし表示されるサブメニュー内のSearch Regexを選択します。

ツールの中からSearch Regexをクリックします

Search Regexは、サイト内の対象(Source)を指定して検索、置換を行います。対象は、以下の様な選択肢があります。

Search Regexの検索ソース選択肢

デフォルトは、Post content(投稿コンテント)です。記事内のコンテントを検索する場合は、Post contentを選択します。

Search pattern(検索パターン)とReplace pattern(置換パターン)にWordpressとWordPressを以下の画像の様に入力します。

検索と置換ワードを入力

Search Regexは、実行を取り消すことはできません。一気に検索、置換を実行せずに、まずは、検索(Search)や置換(Replace)のボタンを押して、表示される検索と置換対象の確認を行った上で、置換と保存(Replace & Save)を実行することをお勧めします。

以下は置換ボタンを押して実行後、表示される検索置換対象のリスト例です。

置換実行後の候補表示リスト例

表示される置換候補を全て確認の上、問題なければ、置換と保存(Replace & Save)を実行します。

[fa class=”fa-exclamation-triangle”] 注意事項:

画像ファイル名に置換ワードが含まれている場合、ファイル名が変更になって画像が表示されなくなる可能性があります。十分にご注意下さい。私は気付かずに実行してしまい、手作業で(画像を再度アップロードし、記事に再配置する)修復を行いました。修復作業に数時間以上費やしています。まだ、何らかの問題が残っている可能性があります。

記事内(post content)の置換の作業は以上です。お好みによって、以下の対象分野でも検索、置換を行います。

  • Post excerpt (記事の要約)
  • Post meta value (メタデータ部)
  • Post title (記事のタイトル)

上記置換作業によって、本サイト記事内のWordpressは、WordPressに無事、変更されました。(一部、ファイル名まで変更してしまったミスなどがあったため画像のaltタグなどでは置換されていない箇所があります。)

ワードの置き換えをマニュアルで編集するのは手間が物凄くかかりますが、Search Regexを使用すると瞬時に作業が完了します。とても便利なツールだと思います。

 

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!