ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

WordPress プラグイン( 3 )

Tagged
Term Management Toolsの使い方

WordPressのカテゴリーとタグをまとめて編集する方法

WordPressのカテゴリーとタグの変更は、一記事毎に行うと手間がかかります。記事数が多ければ多いほど時間もかかります。カテゴリーやタグの変更をまとめて行うことのできるプラグインを利用すると作業工数、時間を大幅に削減することができます。 今回、本サイトのカテゴリーとタグの一部を見直し変更を行いました。 https:/...
記事中のタイトルタグや段落数を指定して、広告を挿入表示させる方法 記事バナー

タイトルタグや段落数を指定して、記事中に広告を挿入表示させる方法

記事中、特に記事の初めの方に設置された広告は、クリックされる率が意外と高いです。検索経由で訪問したユーザーの全てが記事を最後まで読むわけではありません。表示された記事を見て直ぐに離れたり、少し読んで求めている情報がある記事ではないと判断して離脱するユーザーは少なからずいます。 記事の初めの方に広告があると、訪問したユー...
Font Awesomeのアイコンを記事内で使う方法

Font Awesomeのアイコンを記事内で使う方法

コンテンツのちょっとしたアクセントになるフォントアイコンを採用するサイトが増えています。フォントアイコンは、画像に比べてデータサイズが小さいためサイトの表示スピードに影響を与えないなどの利点を持っています。フォントアイコンで高い人気を持つのが、Font Awesomeです。 本サイトのメニュー項目には、Font Awe...
問い合わせフォームにreCAPTCHAを追加する方法

問い合わせフォームにreCAPTCHAを追加する方法

サイトを運営しているとスパムメールを受け取ることがあります。メールアドレスをプロフィールページなどに記載表示するのではなく、問い合わせフォームを設置するとボットでメールアドレスを読み取って自動的に送信されるスパムメールを減らす効果が得られます。 コンタクトフォームを備えているサイトも多いので、ユーザーにとっても馴染み深...
STINGER8でのダブルレクタングル広告表示例

プラグインでSTINGER8 記事下ダブルレクタングルを設置する方法

STINGER8は、WordPressで高い人気を持つStinger Plusの後継無料テーマです。AdSenseの広告も簡単に設置できる機能を備えています。STINGER8でダブルレクタングルを設置するために、テーマの構成ファイルを編集するカスタマイズを行って表示させているサイトが多いようです。 本記事では、STIN...
コンタクトフォームで問い合わせページを作成する方法

コンタクトフォームで問い合わせページを作成する方法

ブログやサイトを本格的に運営する場合、コンタクトフォームの設置は必須と言える基本機能です。読者からの問い合わせの手段となり、ブログが成長してくると、広告掲載依頼やメディアからの取材等の問い合わせを受ける等の可能性もあります。 WordPressではコンタクトフォームを作成するプラグインを使って、簡単にお問い合わせページ...
Font Awesomeアイコンをサイトのメニューに追加する方法

Font Awesomeアイコンをサイトのメニューに追加する方法

本サイトは、現状、カテゴリー数が少ないこともあって、メニューのアイテム数が少なめです。少し寂しい感じがしたので、Font Awesomeのアイコンをメニューのアイテム名に追加しました。 メインメニューの設定については、以下の記事をご参照下さい。 https://www.blogging-life.com/how-to-...
Header and Footer プラグイン

プラグインHeader and Footerを使ったAdSense 自動広告のコード設置方法

AdSenseの自動広告の設置方法は、WordPressの場合は様々な方法があります。<head>タグ内へのコード追加機能を備えるテーマもあります。自動広告のコードの設置は、テーマに機能が付属しているのであれば、テーマから設置するのが1つの選択肢です。 テーマに<head>タグ内のコード追加機能...
WordPress サイトのhttpからhttpsへの詳細移行ガイド

WordPress サイトのhttpからhttpsへの詳細移行ガイド

2017年初めに、本サイト全体を常時SSL化、完全HTTPS化しました。幸いなことに大きな問題も発生せず、無事に移行を行うことができました。以前は、SSL化は証明書の取得にもコストがかかり、作業も大変だったようですが、現在は無料でSSL化することもできます。 更新情報: 本記事はHTTPで運営しているサイトをHTTPS...

関連記事とスポンサーリンク

Return Top
error: Content is protected !!