ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

2019年版 Google Search Console プロパティ登録設定方法

2019年版 Google Search Console プロパティ登録設定方法

これまでSearch Consoleでは、プロトコル(http または https)、サブドメイン、パス(ディレクトリ)単位でプロパティとして登録し、プロパティごとにデータを利用する形式を採用していました。2019年2月27日に、Google Webmaster 公式ブログ(英語)は、Search Consoleにおいて、ドメイン単位でデータを管理する「ドメイン プロパティ」を発表しました。

今回発表されたドメインプロパティでは、トップドメイン(またはサブドメイン)以下のサブドメインを含む全てのURLを一括してデータを取りまとめて表示します。プロトコルも、http、httpsをまとめて一つのドメインプロパティとして取り扱います。

ドメインプロパティを使用することにより、モバイル用のサブドメイン(m.example.com)を利用していたり、httpsに移行しても、サイトのデータをSearch Consoleでまとめて見ることができるようになりました。

Search Console 登録プロパティの種類

今回発表されたドメインプロパティによって、Search Consoleに登録する際に、ドメインプロパティ、またはURL プレフィックスのどちらかのプロパティタイプを選択して登録する手順が加わりました。

Seach Consoleサイト登録時のプロパティタイプの選択

ドメインとURL プレフィックスのどちらを選ぶ?

ドメインプロパティは、サブドメインを含むトップドメイン以下のサイトをまとめて一つのプロパティとして取り扱います。httpとhttpsもまとめてと一つのプロパティとして扱われます。ウェブマスター公式ブログには、これからはドメインプロパティが登録可能な場合は、ドメインプロパティを利用することを推奨すると記載されています。

URL プレフィックスは、従来からあるSearch Consoleのプロパティ登録方法で、プロトコル、サブドメイン、パスなどを分けて登録し、管理することができます。サブドメインやディレクトリーに異なる内容を取り扱うサイトを運営していたり、ホームページとブログを分けてSearch Consoleで見たい場合などには、URL プレフィックスが適しています。

URL プレフィックスを使用して複数のプロパティをSearch Consoleに登録していても、ドメイン単位で一括して検索のパフォーマンスを見たり、インデックスステータスなどを確認したりしたい場合もあります。その場合には、ドメインプロパティを追加登録します。(旧Search Consoleでは、プロパティをまとめて取り扱うプロパティセットの機能が提供されていましたが、新Search Consoleではプロパティセットのサポートは行われません。プロパティセットは、2019年3月末で廃止されます。)

備考:
これまでに登録したプロパティで、所有権の確認にDNSレコードを使用している場合は(日本では一般的ではありません)、新しいドメインプロパティが自動的に作成されます。

Search Console プロパティの追加登録方法

初めてSearch Consoleにサイトを登録する場合は、このステップはなく、次からになります。

既にSearch Consoleをご利用中の場合:Search Consoleの左上に表示されるプロパティ選択部(画面赤枠部)をクリックします。

プロパティ選択部をクリックします

プロパティプルダウンリストが表示されます。リストの下部の「プロパティを追加」を選択します。

Search Consoleのプロパティ選択プルダウンリスト下部のプロパティを追加を選びます

プロパティ タイプの選択

ドメインとURL プレフィックスの選択肢が表示されます。追加するプロパティの種類を選びます。選んだ方の入力欄にURLを入力して、「続行」ボタンを押します。

ドメインプロパティの登録はDNSによる所有権の確認が必要です。無料ブログのサブドメインの場合は、URLプレフィックスを選びます。

Seach Consoleサイト登録時のプロパティタイプの選択

URL プレフィックスの登録

ドメインプロパティを選んだ場合は、スキップして下さい。

https:// または http:// からURLを入力します。入力するプロパティのURLは、ブラウザーのアドレスバーに表示(入力される)ものと全く同じ様に入力します。画像は、サブドメインのURLの入力例です。URL プレフィックス プロパティの入力例

トップドメインの下に https://www.example.com/blog/ の様にblogディレクトリーの下にブログを設置している場合には、最後のトレイリングスラッシュ(“/”)を含めて入力します。

URL プレフィックス プロパティの登録確認方法

URL プレフィックスの確認は、以下の方法の中から一つ選んで行います。

  • HTML ファイルをアップロード
  • HTMLメタタグを<head>タグ内に設定
  • Google アナリティクストラッキングコードを使用
  • Google タグマネージャー のスニペットを使用
  • DNSレコードで確認

プロパティの所有権の確認方法の詳細は、Search Console ヘルプをご参照下さい。

ドメイン プロパティの登録

ドメインプロパティを選んだ場合は、https:// や http:// などは付けずにドメイン名を入力します。

ドメイン プロパティの入力例

example.com を入力した場合には、以下の様なURLが全て対象になります。

  • http://example.com
  • https://example.com
  • http://subudomain.example.com
  • https://subudomain.example.com
  • http://example.com/path
  • https://example.com/path

subdomain.example.com を入力した場合には、以下の様なURLが含まれます。

  • http://subdomain.example.com
  • https://subdomain.example.com
  • http://blog.subudomain.example.com
  • https://blog.subudomain.example.com
  • http://subdomain.example.com/path
  • https://subdomain.example.com/path

ドメイン プロパティの確認

ドメインプロパティの所有権の確認は、DNSレコードを使用します。DNSレコードによる設定を行っていない場合は、下の小見出しのセクション「DNSレコードによるドメインプロパティの確認設定方法」をご覧下さい。

既にDNSレコードを使用してURL プレフィックスが確認されている場合は、ドメインプロパティを入力して「続行」ボタンを押すと、小ウィンドウが開かれ「所有権を自動確認しました」と表示されます。

所有権自動確認メッセージ

備考:
上のメッセージに記載されているように、確認状態を維持するために、設定から「所有権の確認」をチェックして、DNSレコードで確認が行われているか確かめることをお勧め致します。

Search Consoleの左のメニューから、「設定」を選び「所有権の確認」の部分をクリックすると、確認方法が表示されます。使用した確認方法のところに「ドメイン名プロバイダー」と記載されている場合は、DNSレコードによって確認されていることを示しています。

DNSレコードによって、所有権が確認済みの場合の表示

ドメインプロパティ登録確認完了した場合

ドメインプロパティの登録が確認された場合、ウェルカムメッセージが表示されます。

ドメインプロパティ ウェルカムメッセージ

Search Consoleのプロパティ選択部をクリックして表示されるドロップダウン リストの中に、ドメイン名の下に「ドメイン プロパティ」表記が加えられて表示されます。

ドロップダウンリスト内に表示されるドメインプロパティ

ドメインプロパティの登録後、DNSレコードの確認設定が必要な場合もあります。

DNSレコードによるドメインプロパティ確認設定方法

DNSレコードの設定は、使用しているDNSプロバイダーによって設定方法が異なります。(基本的な設定方法は同じですが、UIなどが異なります。)

エックスサーバー

エックスサーバーでのドメインプロパティ所有権確認用 DNSレコード 設定方法

mixhost

mixhost でのドメインプロパティ所有権確認用 DNSレコード設定方法

Google Domains

Google Domainsでの所有権確認用のDNS レコード設定方法

コメントとトラックバック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
    • By ブロギングライフ

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      「確認ができない」とおっしゃるのは、具体的にどの様な状況なのでしょうか? プロパティの設定ができないために確認ができないということでしょうか? プロパティの設定は、URL プレフィックス プロパティとドメインプロパティに大別されます。認証の方法は、DNSを使用する場合は共通ですが、前者の場合はその他の認証方法も各種あります。

      それともプロパティの登録はしたが、確認でエラーになるために確認ができないということでしょうか?

      一言で「確認できない」と言っても、様々な状況が考えられます。対処法もそれぞれ異なります。

      具体的に状況をお書き頂ければ、それに対して具体的に返答致します。

      Search Consoleのプロパティの登録方法が分からない。何らかの理由で確認ができない。確認できませんとのメッセージが表示されるなどの場合は、ウェブマスターフォーラムをご利用になると、解決策が見つかるかもしれません。

      Google ウェブマスターフォーラム

  1. はじめまして。
    無料のはてなブログでブログを開設しました。
    ドメインでもURLプレフィクスでも所有権が確認できないとエラーが返ってきます。
    手詰まりの状態です。

    • By ブロギングライフ

      はじめまして。

      無料のはてなブログの場合、ドメインははてなのサブドメインとなるため(サイト側でドメイン・DNSの設定を行わないため)、DNSによる認証は対象外となります。ドメインプロパティは、DNSの認証のみなので、はてなのサブドメインの場合は、URLプレフィックスで認証を行います。Search Consoleのヘルプページには、URLプレフィックスの認証方法として以下の方法が記載されています。

      – HTML ファイルをアップロード
      – HTML タグ
      – DNS レコード
      – Google アナリティクス トラッキングコード
      – Google タグマネージャー コンテナスニペット
      – Google サイト
      – Blogger

      はてなブログのサブドメインの場合は、上記の方法の内、HTMLタグ、アナリティクストラッキングコード、タグマネージャーコンテナスニペットのどれかが選択肢となります。

      HTMLタグの設定が比較的シンプルで、設定しやすいと思います。

      設定方法は、以下のページの「確認方法の詳細」内のHTMLタグの部分をご覧下さい。

      サイトの所有権を確認する – Search Console ヘルプ

  2. はじめまして。

    水野と申します。

    質問があります。
    新サーチコンソールになってから
    旧式で実行していた機能との差異があり、
    困っております。

    以前は旧式サチコにて

    プロパティのところから

    https://example.com (正規URL)
    https://www.example.com
    http://example.com
    http://www.example.com

    という形で4つのURLを登録した後に、
    メインで使用するサイトを1つだけ指定する事で、
    SEO的な効果が分散されるのを防げる
    役割がありました。

    今回も同じ様にやりたいのですが、
    どの手順を踏めばいいのかが不明でした。

    文章から察するに

    URLプレフィックス(枝葉としての意味合いがある設定)ではなく、
    ★ドメインプロパティ(全体をまとめた意味合いがある設定)の方で
    登録したいメインのURL(例:https://example.com (正規URL))を設定すると

    そのまま上記URL(例:https://example.com (正規URL))「だけが」
    メインとなる形でしょうか?
    それとも、以下のように4つのURLが自動で生成、保存される形でしょうか?

    https://example.com (正規URL)
    https://www.example.com
    http://example.com
    http://www.example.com

    もし自動生成されるのであれば、
    SEO効果は分散する事になると思うのですが、
    分散しない様に1つだけメインサイトとして指定したい場合、
    どのような手順を踏めばいいのでしょうか?

    それとも、枝葉としての意味合いがある
    URLプレフィックスで最初から
    メインのサイトURLを設定するといいのでしょうか?

    旧式サチコでブログ運営後、新規ブログ立ち上げの時には
    新サチコに変わっており、仕様が何もかも変わり、
    昔やってた作業が現在、どの作業に該当するのか
    分からなく、質問させて頂きました。

    お忙しい中大変申し訳無いですが、
    どこを探しても旧式サチコで実行していた事を
    新サチコでどのようにやればいいのか?

    比較してるところがなく、
    ご連絡いたしました。

    ご教示頂けたら幸いでございます。
    よろしくお願い申し上げます

    m(_ _)m

    • By Chico@ブロギングライフ

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      まず先に旧Search Consoleとの違いについて、返答致します。旧Search Consoleでは、www無しと付きのどちらかを希望する設定がありました。この設定機能は廃止となりました。

      Bye Bye Preferred Domain setting

      旧Search Consoleでは、このwww付きと無しのどちらかを選んで、検索エンジンに伝える機能があったために、お書きになられたように、この機能によって4種類(www付きと無し、それぞれhttpとhttps)の中から一つを選ぶことができて、その選択に合わせて検索エンジンが対応する様な印象を持たれる場合があったと思います。

      しかし、これら4種類のURLに対しては、リダイレクトを行って、一つにまとめるのが基本です。また、正規URLの設定は、canonicalタグを使うことで、検索エンジンのクローラーに直接伝えることができます。

      上で添付したwww付き無しの希望選択設定を廃止したことの発表記事には、以下の4種類のオプションが利用可能であると記載されています。

      1. rel=”canonical” linkタグをページに設置する
      2. rel=”canonical” をHTTPヘッダーに設置する
      3. サイトマップを使用する
      4. 301リダイレクトでリタイアしたURLから転送する

      詳しくは、Search Console ヘルプの重複したURLを統合するに説明が詳しく記載されています。

      Search Consoleは、インデックスや検索パフォーマンスなどの状況や指標を確認するツールです。検索エンジンに対して、希望する正規URLを伝えるのは、Search Consoleではなく上のオプションを使用して行います。これは従来からそうだったのですが、Search Consoleにもwww付きと無しの希望が設定できたために認知されていなかったかもしれません。

      今回のご質問は、これまでに運用していたサイトに新たにドメインプロパティを追加することについてでしょうか?それとも、新たにSearch Consoleにサイトを登録するにあたって、旧Search Consoleとやり方が異なるところがあるため、手順が不明なところがあるということでしょうか?

      後者の可能性が高いように思いますので、まずは、後者の場合について返答致します。

      それとも、以下のように4つのURLが自動で生成、保存される形でしょうか?
      https://example.com (正規URL)
      https://www.example.com
      http://example.com
      http://www.example.com

      「自動生成される」とおっしゃるのはプロパティのことでしょうか? URLを生成するような機能は、Search Consoleにはありません。プロパティは、Search Consoleに登録することです。プロパティとは、「所有する物」、「財産・資産」と言う意味で、ここでの場合は、サイトのことです。上のような4つのURLが作成されるのは、DNSの設定などドメインの設定やプロトコル(httpsかhttp)
      によるものです。

      旧Search Consoleの場合は、4種類のプロパティをそれぞれ登録して、www付きかwww無しのどちらかを希望として選ぶ方法を取られてきたことと思います。新Search Consoleでは、www付きか無しのどちらかをSearch Consoldeの方で希望として選ぶのではなく、4種類のURLの中の一つ、https化しているのであれば、www付きかwwwなしのどちらかに、上で紹介した方法で統一させます。その作業はサイト運営者が行います。

      ドメインプロパティは、2019年3月から導入された新しいプロパティ登録と管理の方法です。これまでのURLプリフェックスでは、それぞれ異なるプロパティとして、インデックスやパフォーマンスの確認をする必要がありました(統一されていれば、一つのプロパティを見れば基本的には大丈夫ですが、httpからhttpsに変更した場合などは、インデックスや検索が移行しているかの経過をモニターする上では、両方のプロパティのレポートを確認する必要がありました。)。ドメインプロパティでは、4種類のURLプリフェックスのプロパティを一括して、インデックスやレポートを確認することができます。

      Search Consoleは、基本的には検索のインデックスやパフォーマンス、その他検索関連の機能のステータスを確認するためのツールです。検索エンジンのアルゴリズムに伝えるのは、サイト側のマークアップなどの設定で行います。

      ご参考になれば幸いです。

      ご不明な点などがございましたら、お気軽におっしゃって下さい。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!