ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

Chrome 69のアドレスバーにwww付きのURLを表示させる方法

Chrome 69のアドレスバーにwww付きのURLを表示させる方法

2018年9月4日にリリースされた Chrome 69 は、UIが新しくなり、様々な機能が追加されています。追加された機能の一つにアドレスバーのURL簡略表示があります。Chrome 69 では、ww付きのドメインでも、wwwが省かれて表示されます。 例えば、ブロギングライフのドメインは、www.blogging-life.com なのですが、Chrome 69でサイトを表示するとアドレスバーには、www無しのURLが表示されます。

Chrome 69のアドレスバーでは、wwwが省かれてURLが表示されます

Chrome 69のアドレスバーにwww付きURLを表示させる方法

Chrome 69のアドレスバーのURL入力欄でクリックするなどして、キー入力をするかダブルクリックするとhttps://で始まるフルのURLが表示されます。トップドメインのURLがwww付きに設定されている場合は、www付きで表示されます

Chrome 69のアドレスバーにフルのURLを表示する例

備考:
サイトのドメインをwww無しのルート(トップ)ドメインに設定している場合は、”https://example.com”の形式で表示されます。

www付きのドメインにこだわりのあるサイト運営者にとっては、Chrome 69では、アドレスバーのURLが簡略化表示されるので、少し戸惑うところですが、アドレスバーにカーソルを入れて、キー操作するとwww付きで表示されるのである程度、混乱などは避けられそうです。

追記:

Chrome 69 のアドレスバーで、www. や m. が省かれて表示されることについて、ネット上で話題になっています。例えば以下のZDnetの記事では、異なる2つのサイトが同じ様に見えるのは問題という意見について、m.tumblr.comはTumblrのサイトではないのに、tumblr.comが表示されてしまうというような例などを紹介しています。

Chrome 69 kills off www in URLs: Here’s why Google’s move has made people angry – ZDNet

アドレスバーのURL簡略表示機能を無効にする

英語のGoogle Chrome Help ForumにChrome 69でwwwをアドレスバーで非表示にする機能を無効することについてのQ&Aが投稿されています。

Googleのプロダクトフォーラムにご参加されているふじやんさんも以下のようなツイートを投稿されています。

Chrome 69でデフォルト機能となっているアドレスバーのURL簡略表示機能は、 Chromeのflagsという新しい機能などを試験的に試したりすることのできる設定ページにおいて、無効にすることもできます。

アドレスバーに”chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains”を入力してflagsのページの該当機能部の右側の”Default”と表示されているボックスをクリックします。

Chromeのflagsの機能設定変更例

アドレスバーのURL簡略表示を無効にする場合は、表示されるドロップダウンリストから”disabled”を選択します。

ChromeのアドレスバーURL簡略化機能を無効にする場合は、disabledを選択します

設定変更後、ページ右下の”RELAUNCH NOW”を押して、Chromeを再起動します。アドレスバーURL簡略化機能を無効にすると、以下の様にフルのURLが表示されるようになります。

アドレスバーURL簡略化機能を無効にするとwww付きで表示されます

YouTube

本記事の内容を簡単にYouTubeで紹介しております。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!