ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

Google AdSense 新デザインのアンカー広告をテスト中?!

Google AdSense 新デザインのアンカー広告をテスト中?!
2020年2月28日 更新情報: AdSenseが本記事で紹介している新デザインのアンカー広告が正式に導入されたことを発表しました。テスト結果も良好で、短期間で本格導入が決定したようです。

Google AdSense アンカー広告をパフォーマンスが向上する新デザインに変更!

AdSenseは、不定期に新しい広告フォーマットなどを特定の地域やアカウントなどでテストを行っています。今回、テスト中と思われるAdSense アンカー広告の表示を発見しました。AdSense アンカー広告は、モバイル端末の画面の下部、または上部に表示される広告です。

アンカー広告は、ユーザーがページをスクロールしても、表示位置は上部、または下部に固定されて表示され続けます。ユーザーは、広告の下部(ページ上段に表示される場合)、または上部(ページの下に表示される場合)に表示されるタブをスライドさせることで、アンカー広告を閉じたり開いたりすることができます。

通常のアンカー広告と新デザインのアンカー広告の表示比較

通常のアンカー広告の場合、広告の周りに暗色系のフレームとタブが表示されます。

通常のAdSense アンカー広告

以下がテスト中と思われる今回、見た新しいデザインのアンカー広告です。広告タブとページとの境の色が薄いグレーです。タブは、通常のアンカー広告は中央で弧を描くラウンドの形状で中央に位置していますが、新しいデザインでは、角が丸い長方形で位置は上部に表示される場合は、左端になっています。

テスト中と思われる新デザインのアンカー広告

広告の縁取りの色とタブの形状、色、位置が異なるだけですが、視覚的にはかなり違った印象を受けます。

通常デザインと新デザインのアンカー広告を閉じた祭の比較

アンカー広告のタブを上にスライドすると、広告が非表示になります。タブと境界線の部分は上部に残って表示されます。タブを下にスライドすると、隠れていた広告が再び表示される仕様になっています。

通常のアンカー広告を閉じた場合の表示例

新デザインのアンカー広告を閉じた場合には、以下の様な表示になります。タブの大きさとしては、新デザインの方が少し大きいですが、色が非常に薄い灰色なので、視覚的には目立ちません。

新デザインのアンカー広告を閉じた際の表示例

新デザインの方が自然で違和感がない?

アンカー広告の広告部自体は同じであっても、広告の枠とタブの色、形状、位置で受ける印象は異なります。現行のアンカーのタブは色がはっきりしているので、良くも悪くも目立ちます。新しいデザインは、色は薄いグレーなので露出が殆ど無いです。

モバイルページのスクロール操作は、ページ中央部に近いところを操作することが多いように思います。その点では、現在のアンカー広告のタブの位置は自然なようにも思います。一方で、通常、表示されるタブは左端に表示されるのが一般的な位置なので、広告であってもタブが左端に表示されるのは、違和感がなく、自然な感じがします。

アンカー広告デザイン変更の可能性?!

今回紹介した新しいデザインのアンカー広告は、第一印象は良い感じに思いました。まだ一度しか見ていませんが、今後、何度も表示されるようになった場合には、本格的に表示が変更になる可能性もあります。アンカー広告は、2016年4月に初登場しました。登場時から基本的なデザインは変わっていません。

ある程度以上の数のテストを行った上で、ユーザーからの反応、パフォーマンスなどを総合的に評価した上でデザイン変更するかの判断をすると予想しています。2年少し前の2018年1月にアンカー広告にミディアムレクタングル(300×250)が表示された事例について、本サイトに記事を投稿しました。その後、同様にミディアムレクタングルサイズの大きな広告がアンカーで表示される例は、あまり目にしませんでした。テストの結果、本格導入は見送られたと思われます。

今後、この新しいデザインのアンカー広告の表示頻度が高くなれば、デザイン変更して、本格導入となる可能性が高まります。また、異なる色や形状のタブのバージョンでのテストが行われる可能性もあります。

更新情報を入手した場合には、本記事に投稿する予定です。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top