Google アナリティクスとSearch Consoleを連携させる方法

Search Console に登録されているサイトをアナリティクスのプロパティに関連付け(リンク)すると、Search Consoleの検索アナリティクスのデータとアナリティクスの解析データを組み合わせて見ることができます。

検索アナリティクスのページのレポートとアナリティクスのSearch Consoleのレポートの分析評価例については、以下のページをご参照下さい。

検索はサイトの訪問者を獲得する最も重要なルート(集客の基本)です。検索結果で上位に表示されることは、訪問者数の増加に直結します。本記事では、サイトの検索パフォーマンスの分析、評価の仕方の実例を紹介します。

スポンサーリンク

Search Consoleをアナリティクスに関連付けする手順

Google アナリティクスのレポートページ左のメニューにある[Search Console新規]をクリックすると、アナリティクスでSearch Consoleのデータレポートを見ることができます。

アナリティクスのSearch Console メニュー項目

事前にSearch Consoleへの関連付けがされていない場合は、以下の画面の様な”このレポートを使用するには Search Console の統合を有効にする必要があります。」と言うタイトルが付いたページが表示されます。

アナリティクスでSearch Consoleのレポートを利用する場合のガイダンス画面

[Search Console のデータ共有を設定]を押すと、Analyticsの管理ページのプロパティ設定のページが表示されます。画面を下にスクロールしていくと、[Search Console]の欄が表示されます。[Search Console を調整]のボタンを押します。

Search Consoleを調整のボタンを押します。以下のSearch Consoleの設定ページが表示されます。Search Consoleで登録したサイトが関連付け(リンク)されていない場合、Search Console のサイトは、「なし」となります。右の[編集]をクリックします。

Search Console設定ページ:編集をクリックします。

Search Consoleのページが別ウインドウが開かれます。「Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する」のタイトルの下に、アナリティクスのウェブ プロパティ名と「このサイトはGoogle アナリティクス アカウントのどのウェッブ プロパティにもリンクされていません」のメッセージに続き、Search Consoleに登録されているサイトの一覧が表示されます。(Search Consoleに登録されているサイトが一つであれば、一つしか表示されません。)

アナリティクスと関連付けるサイトをSearch Consoleのリストから選択します。

アナリティクスのプロパティに関連付けるサイトを選択(チェック)し、画面左下の[保存]ボタンを押します。関連付けの追加のショウウインドウが開かれます。サイトとプロパティの関連付けの確認メッセージ小ウィンドウ

問題がなければ[OK]ボタンを押します。以上で、作業完了です。

Search Consoleに登録されているサイトを関連付けできるのは一つのアナリティクスプロパティに限られています。既にサイトが別のプロパティが関連付けされている場合、関連付けの追加を行うと、既存の関連付けは削除されます。

アナリティクス Search Console統合レポート表示

以下の画像は、アナリティクスのSearch Console、ランディングページのレポートです。各々のページのSearch Consoleの主要指標(インプレッション数、クリック数、CTR、平均掲載順位)とアナリティクスの主要解析データ(セッション数、直帰率、ページ/セッション)が、一覧で表示されます。

アナリティクス Search Console ランディングページ レポート例

ランディングページのデータは、サイトの検索パフォーマンスを分析する上で非常に重要な情報です。アクセスアップに繋がるヒントなども得ることができます。詳しい分析と対応策などについては、別途、記事を投稿する予定です。

デフォルトレポートは、表示回数上位10位のページです。以下の順位のページも見ることができます。表示する順番は、クリック数順にもできます。

上に添付した画像のレポートで、セッション数が0になっているページが約半分あります。それらは、AMPページです。現状、運営するサイトのAMPページは、異なるアナリティクス・プロパティを使用しています。本件について、別途記事を投稿予定です。

Search Console の履歴データについての留意点

Search Consoleのデータは、過去90日間まで保存されています。それ以前のデータにはアクセスすることができません。また、48時間(2日間)経過後のデータまでが入手可能です。


スポンサーリンク

Google アナリティクスとSearch Consoleを連携させる方法
この記事をお届けした
Blogging Lifeの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする