ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

Search Consoleで「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが発生した場合の対処法

Search Consoleで「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが発生した場合の対処法

新しいSearch Consoleのインデックス カバレッジ レポートでは、検索インデックスのステータスの情報を見ることができます。インデックスのステータスは、以下の4種類に分類されます。

  • エラー
  • 有効(警告あり)
  • 有効
  • 除外

それぞれのステータスの項目をクリックすると、該当するステータスの詳しい情報を見ることができます。以下は、インデックスカバレジでエラーのステータスが表示されているレポートページのスクリーンショットです。

Search Console インデックスカバレジのエラーレポート

添付画像では、エラーは0になっていますが、少し前まではエラーが発生していました。エラーの理由は、「送信された URL に noindex タグが追加されています」です。英語では、”Submitted URL marked ‘noindex'”になります。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーの理由

「送信された URL に noindex タグが追加されています」は、サイトマップで送信したページ(サイトマップに含まれているページ)に、“noindex”のディレクティブ のメタタグが設定されている場合にエラーとなっていることを示すメッセージです。

サイトマップで送信するページは、サイト内で特に検索エンジンにインデックスしてもらいたいページを送信するのが基本です。サイトマップに含まれているページにも関わらず、Googleの検索エンジンにインデックス登録をしないように指示するタグであるnoindexが設定されているために、エラーとして扱われます。

ページにnoindexが設定されている場合は、サイトマップで送信していても、そのページはインデックスされません。「サイトマップで送信しているのに、noindexが入っていますよ! このURLはインデックスされないけど良いですか?」というような意味があります。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」の対処法

当エラーメッセージが表示された場合の対処を決める上で、最初に考えるべきことは、エラーとなっているURL(ページ)をサイト運営者として、インデックスしてほしいのか否かです。

インデックスして欲しいページの場合:

noindexを外す必要があります。サイト運営者がnoindexを設定していないにも関わらず、システムで勝手に指定されるケースは限られています。なぜ、noindexが設定されているのかを調べて、設定を変更するなどの対策を行います。

インデックスしなくても良い(したくない)ページの場合:

インデックスしなくても良いページの場合は、サイトマップに含めない(サイトマップから削除する)ようにすれば、エラーはなくなります。

サイトマップに自動的に含まれてしまって、外し方が分からない場合は、何もしなくて構いません。エラーとして表示されますが、実質的には問題はありません。

プラグイン Google XML Sitemapsを使用している場合の代表的なエラー例

WordPressのサイトマップを自動的に生成するプラグイン、Google XML Sitemapsを使用している場合、sitemap.htmlがnoindexが設定されているために、エラーとなることが比較的多いです。冒頭で紹介したエラーメッセージは、Google XML Sitemapsで自動的に生成しているsitemap.html(そしてnoindexが設定されています)がサイトマップに含まれているためエラーが発生していました。

この場合の対処法は以下の2つの選択肢があります。

  1. sitemap.htmlを作成しないように設定する。
  2. 何もしない。

Google XML Sitemapsで生成したsitemap.html(HTMLサイトマップ)を使っていないのであれば、sitemap.htmlを作成しないように設定を変更します。

WordPressのダッシュボードのメニューの「設定」から”XML-Sitemap”の設定ページを選んで表示させます。基本的な設定の項目の中の「HTML形式でのサイトマップを含める」のボックスからチェックを外します。ページをスクロールダウンして、[設定を更新]ボタンを押して、設定を保存します。

XML Sitemapsの基本設定

以上で、エラーの原因となっていたHTMLサイトマップは、サイトマップに含まれなくなります。

上記作業後、Search Consoleのインデックスカバレッジのエラーページに戻って、「修正を検証」のボタンを押します。

インデックスカバレッジエラーレポート

検証作業とステータスの更新は、通常数日から1週間程度かかります。問題が修正されたことが確認されるとエラーが無くなり、「合格」の表示に変更になります。

問題の修正が確認されると「合格」が表示されます

以上で作業完了です。

インデックスカバレッジ レポートについてのその他のエラーなどについての説明や操作方法など詳しくは、Search Console のヘルプのインデックス カバレッジ レポート をご覧下さい

 

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!