ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

A/Bテストにもなる Ad Inserter 広告ローテーションの設定方法

A/Bテストにもなる Ad Inserter 広告ローテーションの設定方法

本記事では、WordPressの広告表示制御管理プラグイン Ad Inserterを使用した広告ローテーションの設定方法と活用事例を紹介致します。

広告ローテーションとは

ページ上の広告枠(広告表示スペース)に、異なる種類の広告ユニットを入れ替えて表示することを広告ローテーションと呼びます。

備考:
広告枠は、英語では”Advertising Inventory” または”Display Inventory”などと呼ばれています。広告在庫、広告表示在庫的な意味です。Google ディスプレイ ネットワークでのディスプレイ広告枠と広告フォーマット (Display inventory and ad formats on the Google Display Network)

WordPressでは、広告ローテーションの機能を備えている広告管理制御を行うプラグインがあります。現時点での私の認識としては、Ad InserterとAdvanced Adsが広告ローテーションの機能を備えています。

Advanced Adsの広告ローテーションについては、以下の記事をご参照下さい。

Advanced Ads 広告ローテーションの設定方法

Ad Inserter を使用した広告ローテーション

Ad Inserterは、高度な広告表示制御を行うことができるWordPress のプラグインです。以下の記事にAd Inserterの特徴、インストールの方法などが書かれています。Ad Inserterの機能などについて、ご興味のある方はご覧下さい。

Ad Inserterを使用して AdSense 自動広告のコードを設置する方法

Ad Inserter 広告ローテション機能概要

Ad Inserterは、複数の広告コードをローテーションして表示することができます。広告コードA, B, C をランダムに表示(基本的には、ほぼ同じ表示割合)したりすることが可能です。また、表示頻度を設定することもできます。

広告ローテーションの設定具体例

設定する広告コードは、複数を組み合わせてローテーションすることもできます。以下は、広告ローテーションの組み合わせの例です。

パソコンページでの例:

  • サイドバーにラージスカイスクレイパー(300×600)とミディアムレクタングル(300×250)を交互に表示する。
  • サイドバーにラージスカイスクレイパー、または、ミディアムレクタングルとリンクユニットの二つの広告の組み合わせをローテーションで表示させる。
  • 記事下ダブルレクタングルの左をAdSense固定、右は楽天とAmazonの広告を交互に表示させる。
  • ダブルレクタングルと横長の大きめの長方形広告ユニット(レスポンシブユニット1個)をローテーション表示する。
  • ダブルレクタングルと横長のリンクユニットを交互に表示させる。

モバイルページでの例:

  • 記事下に「関連コンテンツとレクタングル」、「リンクユニットと関連コンテンツ」をローテーション表示する。
  • 記事下に「関連コンテンツ」、「リンクユニットとレクタングル広告」を交互に表示させる。

上は例です。様々な組み合わせが可能です。

Ad Inserterでの広告ローテーションの設定方法

Ad Inserterの設定ページを表示し、設定する広告コードブロックを選択して、コード入力欄に”ADINSERTER ROTATE”のセパレーターを入力して、広告コードを貼り付けます。表示割合を設定しない場合は、最初のセパレーターは省略可能です。

Ad Inserter 広告ローテション設定例

表示頻度(割合)を設定する場合は、パーセンテージの値を入れます。(合計で100になるようにします)


例えば上の例では、アドコード1を75%、アドコード2を25%に設定しています。その場合、4回に3回の割合でコードAによる広告が表示され、4回に1回、コードBの広告が表示されます。

コードとセパレーターを入力し、設定内容を確認後、”SAVE ALL SETTINGS”のボタンを押して、設定を保存します。

パソコンの記事下に広告ローテーション設定をウィジェットで設置する

Ad Inserterは、自動挿入とマニュアル挿入の種類の設置方法があります。ここでは、ウィジェットによるマニュアル挿入の設定手順を紹介します。

1. WordPressの管理メニューの「外観」から「ウィジェット」をクリックして、ウィジェット設定ページを表示します。

2. ウィジェットの一覧の中から”Ad Inserter”をクリックし、ウィジェットを追加する場所を選んで、[ウィジェットを追加]ボタンを押します。ここでは記事下を選択しています。以下は、ブロギングライフが使用しているテーマ、DigiPress MAGJAMでの例です。テーマによって、ウィジェットのサポートする表示場所や名称は異なります。

Ad Inserter ウィジェットを追加します

注意事項:
WordPressは、テーマによってウィジェットの設置可能な場所が異なります。記事下にウィジェットを設置する機能を備えるテーマと備えないテーマがあります。備えないテーマの場合は、Ad Inserterの自動挿入機能で記事下にコードを挿入します。

3. 2で選んだ場所(エリア)にAd Inserter ウィジェットが追加表示されます。Blockの下の欄をクリックし、表示されるドロップダウンリストの中から広告ローテーションの設定を行ったブロックを選び、保存ボタンを押します。

Ad Inserter ウィジェットで表示する広告ブロックを選びます

備考:
ブロック名を入力していない場合は、デフォルトでブロックの番号が表示されます。該当するブロックを選んで下さい。

以上で、作業完了です。

サイトを表示して、広告ローテーションが機能しているか確認します。

本サイト、ブロギングライフでは、現在、ここで紹介した方法で、パソコンページの記事下にダブルレクタングルと横長のリンクユニットを、交互に表示する設定を行っています。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!