ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

AdSense 大規模イベントを最大限に活かす10のヒント

AdSense 大規模イベントを最大限に活かす10のヒント

Google AdSense は、サイト運営者向けに様々な情報を提供しています。今回は公式ブログ、Inside AdSenseが投稿した「ユーザーの興味を引くコンテンツを作成するための AdSense ガイド」の内容をコメント注釈を加えて紹介します。(リンクからpdfファイルをダウンロードすることができます。)

大規模イベントを最大限に活かす10のヒント

大規模なイベントが生み出すさまざまなチャンスを捉え、サイトへのトラフィックを増やすためのヒントをご紹介します。
それぞれについて詳しく学習し、ビジネス拡大に役立てる方法を身に付けましょう。

ユーザーの興味を引くコンテンツを作成するための AdSense ガイド

ヒント1: 事前の計画 – コンテンツカレンダーを作成する

コンテンツカレンダーは、大きなイベントに伴って生まれるオンライン上の話題などを利用したいサイト運営者様にとって必須のツールです。コンテンツカレンダーの作成は集客に向けた第一歩です。

大きな行事などについて計画表にスケジュールを記録して、コンテンツの作成することは、とても良いアプローチだと思います。大規模なイベントに合わせてコンテンツを作成する計画を事前に立てて実行するのは効果的だと思います。

ヒント2: ハッシュタグが示すトレンド – 話題のテーマを追跡する

ハッシュタグ(例: #Hashtag)は簡単に利用でき、仕組みを理解すれば新しいユーザーをコンテンツに呼び込むことができます。ハッシュタグの利用方法を確認して集客に活かしましょう。

ハッシュタグは一時期、乱用に近いほど氾濫していましたが、最近は落ち着いてきたように思います。大きなイベントや注目の事柄、トレンディなキーワードなどでハッシュタグを使用することは有効な手段だと思います。

ヒント3: 過去のトラフィック増加パターンを分析 – Google トレンドを利用する

大規模なイベントに関連するトレンドを研究することで、トラフィック急増のタ イミングを予想し、集客に最適なコンテンツを用意できるようになります。

Google トレンド を利用すると注目の話題や数多くの検索されているトピックなどを簡単に見つけることができます。

ヒント4: 動画の集客ポテンシャル – 埋め込みまたは独自製作でサイトに動画を組み込む

大きなイベントの際は、関連する動画の視聴回数が大幅に増加します。動画へのタイムリーな投資でトラフィックを増やし、ユーザー エンゲージメントを強化しましょう。

動画を効果的に記事に埋め込んだり、サイトのコンテンツと連携すると相乗効果が得られます。

ヒント5: コンテンツの改善 – 関連性の高い検索語句を把握する

よく検索されている語句を把握し、それに沿ったコンテンツの製作を計画します。

これもGoogle トレンドを活用すると効果的です。

ヒント6: 効果的なアプローチをさらに強化 – Google アナリティクスを活用する

Google アナリティクスを利用すれば、どういったコンテンツがファンに 喜ばれるのか、あるいは喜ばれないのかを把握することができます。

サイトのトップランディングページの各指標データなどを分析するとサイトを訪問するユーザーの動向、興味などを理解することの手助けとなります。Google アナリティクスは、AdSenseやSearch Consoleと関連付けを行うと、それぞれの提供するデータを組み合わせて見ることができます。

 Google アナリティクスのサイトの将来性を示す最も重要な三つの指標

 Google アナリティクスの基本特徴と参照できるデータ・指標について

ヒント7: 関連性の維持 – Google の情報収集ツールを利用する

トレンドを押さえるには、世界で話題となっているトピックを熟知しておくことが欠かせません。Google の情報収集ツールでコン テンツを強化し、話題のテーマとの関連性を保って集客力を高めましょう。

Google Alertsは、登録したトピックについての新しい検索結果をEメールで通知してくれる便利なツールです。

ヒント8: 会話に参加 – ソーシャルチャネルを活用する

大規模なイベントはサイト運営者にとって、独自コンテンツとバイラルコンテンツの両方でユーザーと接触するチャンスです。ソーシャルメディアを活かしてコンテンツの伝達する分野や対象を拡大し、集客につなげましょう。

Twitterなどのソーシャルメディアは、他の人の考え方、受け取り方を理解したり、ユーザーの意見などを知ることを出来る媒体です。SNSでコメントなどをやり取りするとさらに具体的な意見や考えなどを知ることができます。ユーザーとやり取りすることで、コンテンツづくりのヒントや改善点を得られることもあります。

ヒント9: 広告の視認可能性を確保 – アクティブビューの指標を確認する

運営するサイトで広告を掲載している場合、実際に広告がユーザーに見られているかを示す指標、アクティブビュー視認可能率を確認することは重要な事です。

ヒント10: ユーザーはモバイル志向 – モバイルでの利便性を高める

モバイルは画面の大きさに制約があることから、ページの表示構成やナビゲーションをユーザーが使いやすいように考慮し、改善することが重要です。表示スピードの改善も重要です。高速でモバイルページを表示するAMPに対応するのも1つの選択肢です。

まとめ

本記事で紹介したヒントは大規模なイベントを活用するためのヒントです。サイトの運営や取り組み方は色々な方法があります。アプローチも様々です。あるアプローチや手法が全てのサイトに適しているわけではありません。大規模なイベントとは無縁のコンテンツを扱うサイトもあると思います。イベントや流行を追うことが必ずしも必要であったり、正しいわけでもないです。一方で、サイトによっては、大きなイベントはサイトの集客を拡大する機会となり得ることもあります。

ここで紹介したようなヒントを参考にして、運営するサイトに適したものがあれば、取り入れてみたり、試してみることをお勧め致します。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top