ブロギングライフ

ブログサイト運営関連、AdSenseについての情報などを発信しています。

AdSense にads.txt が含まれていないサイトがあると警告された場合の対処法

AdSense にads.txt が含まれていないサイトがあると警告された場合の対処法

2019年5月22日頃から、AdSenseのアカウントに「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」と表示される事例が発生しています。

AdSense ページに表示されたads.txt の警告メッセージ

ads.txtとは?

ads.txt については、以下の記事をご参照下さい。

ads.txtとは? ads.txtの仕組み設置方法について

AdSenseにおけるads.txt の警告の種類

これまでにAdSenseアカウントで、ads.txtに関連した警告文の内容は、現時点で以下のようなものがあります。

  1. ブログサービス側のトップドメインにads.txt が設置されたため、サービスを利用してブログでAdSenseによる収益化を行っているユーザーにads.txtに運営者IDが含まれていないと警告が届く。
  2. 「次の ads.txt ファイルに、ご自身のサイト運営者IDを追加する必要があります。」に続いて、ads.txtのURLが記載されている。
  3. 「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

1番目の事例:ブログサービス側がads.txtを設置した

1は、2017年10月から11月にかけて、Seesaa, FC2, A8net, So-net, yaplogのユーザーに警告が届きました。この時の警告の理由は、これらブログサービス側がトップドメインにads.txtを設置したため、そのサービスを利用してサイトを運営して、AdSenseで収益化を行っているユーザーに警告が届きました。この時は、ブログサービス側がads.txtを削除する対処をとって、問題は収束しました。

2番目の事例:ユーザーにads.txt設定機能を追加した上でブログサービス側がads.txtを(再)設置

2018年代4四半期(告知は11月、実施は12月)に、So-netが利用ユーザー向けにads.txtへの設定機能を提供した上で、トップドメインにads.txtを設置しました。(ads.txtの設置 – So-net ブログ

2は、So-netがads.txtを設置後、AdSenseで収益化を行っているSo-netユーザーがads.txtの設定を行っていない場合に警告が届きました。この場合は、ユーザー側でSo-netのads.txtの設定を行うことで、警告はなくなります。

3番目の事例:AdSenseで収益化しているサイトにads.txtが設置されていないことに対する注意喚起

2019年5月末から6月初めにかけて多く発生しているAdSenseアカウントに表示されている警告は、サイトにads.txtが設定されていないため注意・喚起を促すものです。

「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。」の対処法

AdSenseで収益化を行っているサイトのルートドメインにads.txtの設置を行っていない場合に、上記警告メッセージが表示されます。2019年5月末の時点では、私のサポートしている顧客のアカウントなどを含めて一通り確認したところ、一部のサイトにads.txtを設置していなくても警告が表示されないアカウントもありましたが、6月3日から警告が表示される事例が多発しています。

警告メッセージの対処は基本的に以下の3つがあります。

  • サイトにads.txtを設置する。
  • ads.txtの設置が適切に行われているか確認して、設置されていない場合は、適切に設置する。
  • 何もしない。(ads.txtを設置しない。)

ブログサービスを利用しているサイトの場合

はてな、Seesaa、ライブドアなどのブログサービスでは、現状、ads.txtの設置はサポートされていません。(独自ドメインの場合は、特殊な方法を使用すれば、設置できる場合もあります。初心者にはお勧めいたしません。)ブログサービスが、ユーザー側でルートドメインにads.txtの設置を行う機能を提供していない限り、ads.txtの設置は基本的にできません。

ads.txt の設置は必須ではありません。ブログサービスを利用するサイトでは、基本的に「なにもしない。」が対処法となります。(So-netなど、ルートドメインにads.txtを設置しているブログサービスでは対処が必要です。)

ads.txt を設置していないと、広告が表示(配信)されなくなるということはありません。ads.txtが設置されていて、AdSenseのサイト運営者IDが含まれていなかったり、記載されている内容が適切でないとAdSenseの広告が表示されなくなることはあります。

ads.txtに関するAdSense ヘルプページの良くある質問には以下の様に記載されています。

ルートドメインにファイルを追加できません。どうすればよいですか?

ads.txt を使用する必要はありません。ただし、ルートドメインに既に ads.txt ファイルが存在する場合は、ウェブマスターに連絡して、自分のサイト運営者 ID をファイルに追記してもらいましょう。

Bloggerブログでのads.txtの対処法

Bloggerには、ads.txtの設定機能が備えられています。Bloggerで独自ドメインを利用している場合には、ads.txtをオプションで設置することもできます。ads.txtの設置は、必須ではなく推奨です。

Bloggerの ads.txt設定方法については、以下の記事をご覧下さい。
Bloggerにads.txtを設定する方法 – Blogger101
Bloggerホストのサブドメイン subdomain.blogspot.com のURL形式のブログでは、ads.txtの設置は必要ありません。設置しないことで、広告配信が止まることもありません。(広告配信が止まった場合は、別の理由によるものです。)

レンタルサーバーを利用している場合の ads.txtの設置方法

基本的な作業内容

ads.txtの作成は、基本的に難しいものではありません。簡単、難しいと言うのは人によって異なりますが、テキストファイルをエディターを使用して作成し、FTPを使って、作成したファイルをサイトのルートにアップロードします。

必要なツール

ads.txt を作成する上で必要なツールは、テキストエディターとFTPです。テキストエディターは、Notepad++などのプレーンなテキストエディター。Macの場合は、TextEditがお勧めです。

FTPは、サイト運営する上で必須に近いツールです。しかし、最近はサイト運営も簡単に行うことができる環境になってきているので、FTPを使われたことがない方もいらっしゃるかもしれません。FTPの使い方は覚えておいて損はないです。FTPの代わりにレンタルサーバー会社が提供するファイルマネージメントツールを利用する方法もあります。

AdSense用のads.txtの作成

パソコンでテキストエディターを起動して、新規ファイルを作成します。

ファイル内には、以下の1行を含めます。

google.com, pub-123456789012345, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pub-に続く16桁の数字の部分は、AdSenseの運営者IDです。AdSense ヘルプページの運営者IDの確認方法をご参照下さい。

備考:
サイトに広告を掲載しているのが、AdSenseのみであれば、上記の1行のみとなります。(Amazonなどのアフィリエイト広告は、現時点でads.txtは必要ありません。利用されている広告ネットワークに問い合わせて、ご確認されることをお勧め致します。

ファイル名を”ads.txt”にして、保存します。

ads.txtをサイトのルートにアップロードする

作成したads.txtをFTPを使用して、サイトのルートドメイン(例:https://example.com/ads.txt)にアップロードします。ルートのディレクトリー構成は、レンタルサーバーによって異なります。サイトのルートのパスが不明な場合は、レンタルサーバーのヘルプページなどのドキュメントを調べたり、分からない場合はお問い合わせすることをお勧め致します。

エックスサーバーの場合は、”example.com/public_html”が、サイトのルートディレクトリーです。
mixhostの場合は、”/public_html/example.com”がルートです。

ads.txtの設置と設定確認

ブラウザーを立ち上げて、アドレスバーに”example.com/ads.txt”と入力して、ページを表示させます。入力するドメインは、ルート(トップ)です。www.example.comでサイトが表示されるように設定されていても、ブラウザーで確認する場合には、アドレスバーに、”www.example.com/ads.txt”ではなく、”example.com/ads.txt”を入力して下さい。表示されたページに、ads.txtに入力した内容(AdSenseのみの場合は1行)が表示されていれば、大丈夫です。(以下の画像をご参照下さい。)

ブラウザーでads.txtの確認を行います

ads.txtは、原則、ルートドメインに設置するのが基本です。ads.txt v1.0.1で仕様変更が行われ、リダイレクトもサポート可能となりました。Googleの広告クローラーは、元のルートドメインから単一のHTTPリダイレクトされているURLはサポート可能です。例えば、example.com/ads.txt からwwe.example.com/ads.txtへリダイレクトされている場合は、サポートされます。

ads.txtをサイトに既に設置している場合に警告メッセージが表示された場合には、収益化を行っている主要サイトを一つ一つ順番に、example.com/ads.txt の形式でブラウザーでアクセスして、設定の確認を行うことをお勧め致します。

コメントとトラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして。コメント失礼いたします。
    アドセンスにads.txtの表示が昨日ありました。まったくわかりませんで、調べていましたら貴方のブログへたどり着きました。
    独自ドメイン、ライブドアブログでございます。なにも処置を行わなくてもいいようなこともお書きになられています。それでいいでしょうか?
    お忙しい中ではございますが、よろしくお願い致します。

    • はじめまして。

      ブログサービスの場合は、ブログサービス側がads.txtの設置・設定機能を提供しない限り、ユーザー側でads.txtの設定を行うことはできません。

      ライブドアの場合は、ライブドア自身もads.txtを使用していないので、ads.txtの設定機能は提供していないと存じます。その場合は、何もする必要はありません。ads.txtの設定ができないので、することはできません。独自ドメインの場合で、サブドメインにライブドアブログを設置していて、トップドメインにWordPressやその他のCMSをご利用の場合は、トップドメインにads.txtを設置する対応が選択肢としてあります。

      気になる場合は、ライブドアのサポートに連絡して、ads.txtの設定をサポートしているか?ユーザー側で設定できるかお問い合わせされることをお勧め致します。

コメントを残す(承認後表示されます)

*
*
* (公開されません)

Return Top
error: Content is protected !!